[研究室]  【利用総数】 1200
e-learning教材の作り方

 このコーナーでは,PHPとSQLiteを使ったe-learning教材の作り方を公開する予定です。
 私はPHPに関してもSQLiteに関しても独学なので,すっきりしたプログラムが書けたとは思いません。
 これを参考にすれば,一応はまともに動く4択のe-learning教材が作れるという程度にお考えください。

  === 目次 ===
実例1 (地名人名のハングル表記)
実例2 (韓日・日韓語彙練習)
4択e-learning教材の作り方解説
  1.準備作業
  2.データの入力と修正
  3.出題
  4.順位表と学習記録
ダウンロードサービス
  1.データの入力 (2012/05/12公開)
  2.データの表示 (2014/08/14公開)
  3.データの修正 (2014/08/16公開)
掲示板 (質問・要望事項)
練習領域の提供

 【4択e-learning教材の作り方】 

1.準備作業
1.1.
事前準備 (2012/05/01,改訂2014/08/15)
1.2.データベースの構造 (2012/05/01,改訂2012/05/06)

2.データの入力と修正
2.1.
データの入力 (2012/05/03,改訂2012/05/11)
2.2.データの表示 (2012/05/15)
2.3.データの修正 (2014/08/15)

3.出題
3.1.
初期化とタイトル表示 (2014/08/16)
3.2.問題の表示 (2014/08/27)
3.3.正誤判定
3.4.得点の表示

4.順位表と学習記録
4.1.得点順位表
4.2.学習の記録

ページトップに戻る


 【ダウンロードサービス】 

※免責事項
このプログラムは自己責任において使用してください。
このプログラムを使用したことによって,障碍,破損やその他の不具合などが生じたとしても,私と私の関係者及び私が所属するいかなる組織・団体もその責任は負いませんし,損害の賠償なども一切致しません。
1.
データの入力 (ファイル名:pNoun_main5.zip,約2KB)
2.データの表示(ファイル名:pNoun_main06.zip,約5KB)
3.データの修正(ファイル名:update.zip,約2KB)


[研究室]